バタバタとしてしまいましたが、コロナ禍中に第二子を帝王切開にて出産してきました!!

以前のブログで、産院選びの際、第二子は絶対に個人クリニックで産みたいと決めて見つけた産院です。

口コミなどを色々と調べて、経験豊富で評判の良い産院で、車での送迎もあり、入院期間は1週間!家からも近かったのが決め手です。

そして、予想以上に第一子の時の不満点をカバーしてくれました!!本当にありがとうございました!!

何よりもメンタル面で助かりました。

受付のお姉さんも、助産師さんも、先生も、みんな優しかったです!!涙

2度目の帝王切開は、初回以上に痛いと聞いていたので、本当に不安で、傷もどうなるのか怖くて、かなりのストレスがありましたが、常に丁寧に応答していただき、とても安心感がありました。

そして、大学病院と違って、長々と待たされることもなく、毎回同じ先生が対応してくれたので(先生を自分で選ぶこともできました)、かなりスムーズでした。

今回は、コロナに突入した頃の出産だったので、面会は夫と子ども1人だけという寂しい一面もありましたが、それでもとてもゆったりと過ごせました!

産後2日目からほぼ母子同室と言われていましたが、助産師さん達が優しくて、

無理せずゆっくりしてください』と言われ、

傷も痛かったので産後5日くらいまで授乳以外はちょこちょこ預かってもらっていました。

とにかくご飯が美味しい!

1番嬉しかったのがご飯でした。

大学病院の時は病院食でとにかく不味くて苦痛でしたが、朝昼晩とおやつの時間まであり、次の献立が楽しみで楽しみで、待ち遠しい日々でした。

本当にずーっと入院していたかったくらい美味しかったです!

専属のシェフさんがいらっしゃって、退院前日の夜にはお祝いディナーが用意されました☆

私の時は他に人が居なかったのと、帝王切開の傷が痛かった事もあり、病室まで運んできてくださる優しさ!感謝でした!!

ノンアルコールシャンパン、デザート、美味しかったです!

また、産後のオイルマッサージのプレゼントがあり、こちらもわざわざ病室まで来ていただいて、至福の時を過ごせました☆

まだまだ書き足りないので、次回に出産費用と帝王切開の傷跡について書きます!!

帝王切開なのに、、、大学病院出産の理想と現実

妊娠5ヶ月、2歳の息子を追いかける日々。産院選びも…