病院に行って初めて耳にした名前ですが、巷ではナデシコジャパンの澤穂希さんやマツコデラックスさんもなった事のある病気だそうです。

Wikipediaをのぞいてみると…

良性発作性頭位めまい症(りょうせいほっさせいとういめまいしょう、英:Benign paroxysmal positional vertigo:BPPV)は、耳石の異常により起こると考えられている末梢性めまいである。

めまい専門外来で診る末梢性めまいの約40%を占めるという報告がある。性差では女性に多く、50代から60代が最も多いが、頭部外傷に誘発される事があり10代でも発症する。

出典:

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/良性発作性頭位めまい症

事の始まりは

産後のバタバタが過ぎ、そろそろお出かけも出来るかなと思い立ち、家族で出かけた翌日の朝の事でした…

普通に目が覚め、起き上がった瞬間…

グラリと目の前が周りだし、猛烈な吐き気で立ち上がれず、目の前が真っ白になりました。

その日は吐き気と立ちくらみで起き上がることができず、一日中寝ていて、夫にウィダーインゼリーを買ってきてもらい、それだけを飲んで過ごしました。

てっきり、またウイルス性胃腸炎だと思ったので、とにかく子供達を近づけないように、部屋の鍵を締めて育児は夫と手伝いに来てくれていた母に任せました。

下の子のおっぱいだけは、手をよく拭いて、触らないようにしてあげて、数日過ごしたのですが、吐き気は1日だけで下痢もなく、おかしいなぁと思っていたら1週間たっても目まいが治りません…。

いよいよ、変な病気なのではと思い、内科に行った所、診断が『良性発作性頭位めまい症』、その場で注射をしてもらい、だいぶ良くなり、目眩止めの薬と漢方を処方してもらいました。

産後にはたまに見られる症状なのだそうな…。

苦労して子ども達にウイルスを移さないようにしていた日々は何だったのか…。

耳石なんて初めて聞いて何???って感じですよね。

他の記事も併せてまとめてみると…

症状は、朝目覚めて最初に寝返りをうったときや、振り向いたとき、棚の高いところに手を伸ばそうとして頭を後ろにのけぞらせたときなど、頭の位置を急に変えたときに引き起こされます。

通常、正常であれば内耳の一部分(卵形嚢と球形嚢)に収まっているカルシウムの粒(耳石)が、そこから剥がれて内耳の別の部分(後半規管が最も一般的)に入ったときに生じるのが原因だそうです。

寝不足、疲れやストレスが溜まっていたり、長時間同じ体勢で居たりすると起こりやすいようで、

私の場合はそれらの全ての項目に当てはまり、添い乳で授乳をしていたのもあって、同じ体勢で寝落ちも毎日のようにありました…。



どのくらいで治るのか?

聞き慣れない病気で、治るものなのか不安でしたが、1ヶ月ほどで治りました!

なるべく長時間同じ体勢(特に枕が低いとよくないみたいです)にならないように気をつけて、処方してもらった薬を飲む事3週間、ふと気づくとめまいが無くなっていました。

実は、色々と思い返してみると、この症状は上の子の時にも1〜2度ありました…。

しかも、同じく産後4、5ヶ月の頃だったのです!

この時も病院(今回とは違う内科)に行ったのですが、診断がウイルス性胃腸炎…だったのです!

誤診!!

たまたま、その時は吐き気留めの点滴を打ってくれたので症状が良くなって、その後もすぐに回復したので全く気づいていませんでしたが、誤診だと思うと少し怖いですね…。

先生の良し悪しというか、病院選びの大切さを学びました…。

皆さまも気をつけてください…。