まだまだコロナが収まりませんね…

そんな中ですが、ついに2人目を出産しました!

ちょうど、志村ケンさんが亡くなった頃で、世間は大騒ぎでした。私も病院のベッドでボーっとしながらも驚きました。。。

病院側も神経質になっていて、入院時から病室内に入れるのは夫と第一子のみで、他の人は面会できませんでした。

全く面会も出来ない病院もあるらしいので、まだ配慮してもらっている方だと思いますが、リスクも伴いますね。

ウイルスは見えないので、いつのまにか感染しているということもあるのが本当に怖いです。

今回は、個人の産婦人科のみの病院を選んだので、大きな病院よりは人の出入りも少なく、たまたま他の出産もかぶらなかったようで、とても落ち着いて過ごすことができました。

産院の事や入院中の経過も追々書いていきますが、予想通り大きな病院よりも待遇が良く、本当に個人病院にして良かったと思いました。

ニュースでは妊娠中や入院中に感染してしまう方も居たりしたので、入院中も本当にドキドキでしたが、幸い退院後1ヶ月しても母子ともに元気なので大丈夫でした。まだまだ油断出来ませんが。。。

感染症の観点から見ても、内科や他の病気の人が通う総合病院や大学病院と比べたら個人の産婦人科で産む方が、リスクは少ないかもしれませんね。



心配だった上の子(2歳半差)の反応は…

2人目出産で一番心配だったのは、上の息子の反応でした。

ママが1週間も家に居ないので、どんな精神状態になるのか。。。ネットや周りの経験者の話も色々調べたりしましたが、こればかりは個人の性格によるのでなんとも言えず、こちらもドキドキでした。

近場に姑と私の母が住んでいたため、初めは私の母に入院中は泊まり込みで息子の面倒を見てもらおうと思っていました。

ところが、夫の希望で姑と暮らす方が良いとなり、さらに姑の希望で私の母のサポートが欲しいとなり、コロナで行ったり来たりするのはリスクが有る為、最終的にはバーバ2人が泊まり込む事になりました。

さて、その結果はと言うと、、、

完全なるパパっ子になってしまいました。。。

今までは、バーバともご機嫌で2人でお散歩したりしていたのに、パパがテレワークになって家に居たためか、パパから離れず。。。

どこに行くにもパパとでないと嫌だと泣きじゃくるようになったそうです。

バーバ達も頑張って無理やり散歩に連れ出したりもしたようですが、殆どはパパと一緒に出歩いて居たようです。

入院中もほぼ毎日、パパと一緒に面会に来て、帰りは特にぐずったりせずに帰って行きました。

今回は、コロナ渦中ということもあって、たまたまパパが在宅ワークで助かりましたが、バーバ達は一苦労だったようで、パパも全然仕事ができないと嘆いていました。