生まれて4ヶ月が経ち、息子は6.2kgになりました。徐々に可動域が広がり、体を伸ばしたり、寝返りをしようと一生懸命に動いています。

産んでから母としての自覚や子どもへの愛というものの実感があまり湧かなかったのですが、毎日おっぱいをあげて、世話をしてくるとジワジワと可愛いと思えるようになっていました。

そして、ふいにその日はやってきました。

布団の上で気合を入れてゴロゴロしていた息子が、ふとした拍子に寝返りを!
今まで、衝動的な感動というものを感じなかった私も、この時ばかりは飛び上がりました。
無駄に写真や動画を沢山撮ったりして親バカ全開です()


実は寝返りまでがゆったりタイムだった…⁈

この時は毎日の生活にいっぱいいっぱいで、この先の方がもっと楽になるかなーと漠然と楽観的に構えていましたが、今から思うと息子が寝返りするまでがゆったりできる貴重な時間でした

寝返りができるようになると、自力では元に戻れないため窒息しないように常に見張っていないといけませんちょっと目を離した隙に布団に埋もれている事が多々あり、本当にハラハラしました。

私は後で思い知ったのですが、この時期以降は立ったり歩いたりとバタバタするので、子連れでヨガに行ったり、自分の習い事をするのは実はこの時期くらいまでがベストだったなと後悔です。。