前回の解決策で順調におっぱいが出るようになり、2.7kgで退院した息子は1ヶ月で3.5kg、2ヶ月で4.9kgとすくすく大きくなっていきました。

周囲の話ではミルクで育つ子はがっしりぽっちゃり重くなるそうですが、おっぱいメインの子はすっきりシュッとした体型になるそうです。息子は後者の方で、重過ぎず、健やかな感じでした。
よく声が出るようになり、「あう あう」と1人でおしゃべりをして楽しそうです。

バウンサーが大活躍、でも困ったのは…

知人が出産祝いにバウンサーをくれたので使ってみたところ、とても気持ち良さそうで、定期的に揺らしてあげるとすぐ寝てしまいます。
バウンサーは、子どもの面倒をみながら家事や雑事をするにはとっても便利でした。我が家は犬(トイプードル)がいたため、犬のペロペロ攻撃から守る面でも大活躍しました。
本当は良くないのかもしれませんが、100均で買ってきたステンレス棚を組み合わせて犬の届かない高さにして滑車をつけて可動式にして、台所の横やテーブル横につけて様子をみながら色々できました。
ただ、バウンサーで唯一残念だったのがウンチ漏れですね…。お股が圧迫されているのでどうしても横や後ろからゆるゆるウンチが漏れてしまい、すぐに取り替えられるように常にバウンサーにタオルを敷いていました。色々と試行錯誤した結果、ムーニーマンのゆるウンチポケットが割と漏れにくい事が判明し、且つテープよりもパンツ型の方が更に漏れなかったので、バウンサーに乗せる時だけはムーニーマンパンツを履かせていました。

それから、息子は生後1ヶ月半くらいから気がつくと顔を掻きむしってしまい、引っ掻き傷ができてしまうためこの時期から生後4ヶ月くらいまではずっと手にミトンを付けていました。眠い時に特に掻きむしってしまうようで、後半は寝る時だけ付けるようにしていました。

私のお腹の傷はまだまだ痛んだため、殆ど出かけることもなく家でのんびりDVDや動画を見たりしながら2ヶ月目もあっという間に過ぎて行きました。

お宮参り、ご祈祷代って?

生後1〜2ヶ月の一大イベントといえばお宮参りですね。周囲は経験者ばかりだったので、息子に掛ける着物などは知人から借りました。
神社は私の実家の近くで、私が産まれた際お宮参りに行った同じ場所で、感慨深いものがありました。
滅多に祈祷などしない私達家族は、実家の母にいわれるまま神社の受付に行き、母には5千円と言われていたのですが、たまたま持ち合わせていた1万円を出しました。てっきりお釣りが来ると思っていたら、なんとそのまま受け取られてしまいました。聞いたところ、ご祈祷代と言うのはお気持ち料とのことで、最低でも5千円が一般的なだけで上限は無いのだそうです!ビックリ!そして、お釣りというのもないらしく、出す金額ピッタリを渡さないといけないのだそうです…。
神社のシステムを知らなかった私達も悪いのですが、親族からは説明しておけば良かったとため息が(笑)。おめでたい席で返してくださいとも言えず、呆気にとられながらも祈祷してもらい、通常よりグレードの高いお札をもらって帰路につきました。
なかなかこの様な細かい事までは見聞きしなかったので、知らずに驚きましたが事前に知っておくべきだったなと反省です。
何はともあれ、お祝いの御膳も食べて、ドタバタのお宮参りも無事におわりました。