予定帝王切開を経て辛い入院生活もあっという間に過ぎ、ついに退院しました。初めての出産で、看護婦さんのいない生活に不安でいっぱいでしたが、実家に戻ったため母に頼れることが唯一の希望でした。

実家はとっても楽だった!

病院と比べると、実家は思っていたよりもはるかに楽でした。看護婦さんたちには、母親なんだから歩いて授乳室まで行くように厳しく言われたり、せっつかれていたので毎日泣きながら100mほどの廊下を3時間おきに行き来していましたが、実家では歩く距離も短く、母が何でもしてくれたので必要最低限の移動しかしなくて済みました。

そして、必要なものは手の届く範囲に置き、赤ちゃんも自分の横で寝ていたのですぐに様子がわかり、慣れたら母子同室の方が楽だったのか!?とまで思いました。生まれたばかりの我が子は、予想以上によく寝ていて、放っておくと予定の3時間には起きずに夜中は平気で5~7時間、昼間は4時間くらいは寝ていました。そのため、意外と睡眠時間が取れて、あまりフラフラにならずに済みました。赤ちゃんの睡眠時間は個人差が大きいようなので、こればかりは産まれてみないとわからないものですね。

出産経験者からDVDを大量に借りる

そんな中、出産のお祝いに駆けつけてくれた3人の子持ちの友人が、今は暇だろうからと大量のDVDを貸してくれました。なるほど、確かに傷が痛くて殆ど動けない上に、頻繁な授乳のために、常にベッド近くに待機していないといけないので何かをするわけにもいかず、授乳ペースがつかめてくると間の時間がかなり暇でした。そこで借りたDVDを見ながら授乳→ミルク→おむつ替え→私の食事→授乳→ミルク→おむつ替え→私の睡眠→授乳→ミルク→おむつ替え→私の食事→授乳→ミルク→おむつ替え→赤ちゃんお風呂→授乳とエンドレスに且つゆったりと日々が進んでいきました。

それから、ipadを持っていたため動画サイトのトライアルもいくつか活用しました。ちょうど無料お試し期間があったTSUTAYAのネットレンタルと、U-NEXTの見放題を利用しましたが、ツタヤは無料期間内に借りられる本数が限られていた上に旧作のみのお試しだったのであまり利用できませんでした。U-NEXTはなかなか映画もTV番組も揃っていて重宝しました。その上、トライアルを終えた後、2回目のトライアル期間が数か月後にやってきたのでそちらももれなく申し込みましたが、うっかり夜中まで見てしまい、トライアル期限日の24時を過ぎてしまったので1ヶ月だけ有料会員になりました。。。(泣)

連続物のドラマの熱中にご注意です。 まぁ、有料会員だとポイントで新作も見られたのでこれも一興かと思います。




最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

もしや、おっぱい出ていない?

産後1ヶ月もすると、生活リズムが安定してきて、赤ちゃんも3~4時間おきに泣いて空腹を知らせてくれるようになりました。・・・が、病院からの習慣で授乳の後すぐにミルクをあげていて、赤ちゃんはぐびぐび飲んで80mlくらい一度に飲むようになりました。そして、ついには私のおっぱいをほどんど飲まずに哺乳瓶をよこせと泣くようになったしまったのです。。

『これって、母乳出てないんじゃないの。。。?』

『ミルクあげるのやめたら!?』

と横から母がうるさく言うもので、ミルクをやめてみたら、おっぱいを嫌がるように。。。これはもう。。。出てないのかも。。。

看護婦さんからは、はじめは出ないので1ヶ月くらいするまで授乳→ミルクの順にあげていれば徐々に出てきますから続けてみてくださいと言われていたものの。。。もう1ヶ月経ってますが!?

やっぱり経験者の知恵が一番

さてどうしようかと悩んでいたところ、うち母の行動は素早かったです。どこからともなく近所の助産師の母乳マッサージの噂を聞いてきて、とにかく行ってこいと言われました。

早速予約を取って、母子ともに赴いてみると、あっという間に助産師さんの魔法の手で母乳が出るわ出るわ!!!ビュービュー出ていてかなりびっくりしました。

そして、これまでの授乳の態勢が良くなかったこと、授乳後にあげるミルクは1度に60mlまで、母乳メインにすると赤ちゃんの睡眠時間が減るので2時間おきくらいに授乳すること、しばらくは赤ちゃんが嫌がるだろうが根気よくあげ続けること等の指導を受けて、1~2時間ほどで帰宅の途につきました。

それからは、助産師さんの言ったとおりになり、赤ちゃんは1時間半から2時間おきに泣くようになり、徐々におっぱいも吸ってくれるようになり、自分でも出ているという実感がわかるようになりました。

何事も、経験者の知恵には敵わないのだなぁと思わされた一か月でした。